[古物商許可取得にチャレンジしよう]     

                       No.5 

 その4 許可がおりました

  

  晴れて「古物商」の許可が下りました!
  
  自宅に電話がありました、例の生活安全課に3度目の訪問です。
 幸い容疑は晴れたのか?怖い目線は感じませんでした。(笑)
 無事に前科前歴もバレず(ありません!)許可証をいただきました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  昔からある各種免許
(高齢者なら知っている)のタイプそのままです。
 時代が変わってないような妙な感じです。なんだかなぁ〜
 全国共通でこんなのでしょうか?きっとそうでしょうね。

 とにかく許可は下りたのでバンザ〜イと言いたいところですが、実は
 まだ「古物標識」なるものを営業所等に掲示しなければならず、
 高知県の場合、防犯協会に委託して作成してもらうようになってる
 そうなのです。
 いわゆる法定の看板ですね。それと古物台帳も規定のものを買って
 くださいということで、看板代1700円と台帳代金700円が必要。

 結局、それらは後日ということで代金を支払って帰ってきました。
 ただし、許可証は下りたので営業はしてもかまわないようです。

 これで一応許可申請は終了とします。確かに約1ケ月かかりましたね。
 (今回は正月休みを挟んだのでちょっとオーバーですけど)

 許可証見ると「行商もする」に○がついてますから全国行商も可能です。今後
 怪しい古物商が御自宅へ伺うかもしれません。
その時はヨ・ロ・シ・クね。


あなたも、この壷を買うと幸せ・・・(違)

                   
 
BACK No.4 | NEXT No.6 
Copyright (C) 2004 Econet-Plus All Rights Reserved.